2005年11月23日

女優ページ!リニューアルしました。

 女優紹介などの各ページ(サイト内では治療室と呼んでいます)をリニューアル中です。今のところ、女優を含む2ページのリニューアルが済んでいます。これから、どんどんリニューアル更新してゆくので、お楽しみに。おそらく、大概のページにメスを入れると思います。

 少ないコンテンツ数ですが、何千何百とあるよりもずっといいと思いますが、いかがでしょう。何千何百とあるのはロボット型サーチエンジンのようなもの。よいものでも、埋もれてしまえばもう陽の目を見ることがない、なんてことになりかねないもの。古いからと言って、それがつまらないものか、といえばそうではないはず。ディレクトリー型と思っていただければ幸いです、当院のコンテンツについては。

 ついさっきのことですが、よそのサイトをいろいろと見ていたところ、見事にひっかかってしまいました。だまし、とは言えないのですが、かなり微妙な印象。「入場」をクリックしたところ、ECサイトへ飛ばされてしまったのです。

 ブラウザーの上枠に表示されるアドレスを見て、やられた!と思いました。見慣れたIDナンバーが並んでいましたから。入場のバナーリンクの上には、確かにアダルトECの広告が表示されていました。けれども、そのページ自体の入り口がその段階まで見当たらず、入場のリンクがそのページの最下段に配置されていたため、てっきりそこがそのページの入り口だと思い込んでしまったのです。

 幸い、と言えるのかどうかわかりませんが、ブラウザのアドレスを見て気付いた瞬間に「x」マークを押したので、アダルトサイトが表示されるまでには至りませんでした。こういう場合はそうなるのでしょう?ページが表示されなくても、非紹介者としてアダルトECには認識されるのでしょか。わかりませんが、とにかく、まさかそこがアフィリエイトリンクだとは思わなかったわけで、そもそもそのページ自体、2ページ目はなかったようで、アダルト=認証ページがある、という訳ではなさそう。だましとは言えないのでしょうが、自分でサイトを開く前だったら、かなり焦っていたかも知れません。アダルトアレルギーになってしまったかも、、、

 べつにリンクしただけで料金を取られるということはありませんから、入会さえしなければ何の問題もありません。ですが、なんとなく、うまくやられたなあ、という気は残ります。個人的には2度と行きません、そういうところには。用意されている広告素材も、あたかも無料ですぐにサンプルが貰えるような印象を抱かせるものが多いのですが、どうなのでしょう。2、3のサイトを見れば、すぐにそれがレディーメイドなものだとわかりますし、本当にそれが効果的な素材と言えるのか疑問です。どうも、サイトを運営する人にとって魅力的に感じられるだけの素材のような、、そういうのを見ると、いくらキラーコンテンツだから儲かりますよ、と言われても、なんだかうそ臭い気がしてきます。本当はあまり儲からなくて、かなり苦しいのかなあ、なんて思います。

 宣伝もとのアダルトECにとっては、アフィリでもなんでも、訪問者数が増えること、自身から依頼しなくても勝手にどんどん宣伝が展開できること、というメリットがありますから、本当はぜんぜん儲からない、なんて雰囲気になるのは困りますよね。うがった見方ですが、宣伝元は、1つ1つのサイトが儲けを出すかどうかなんてどうでもよいのですから、儲かりそうという印象を1つ1つのサイト運営者に持たせることの方が、会員を勧誘するよりも重要なはずです。会員には、どこかしらで広告を見かけてもらい、存在を知ってもらえればよいのですから、アフィリサイトから大量のお客さんを送り込んでもらうことなど、それほど期待しなくてもよいのです。

 というのは、まあうがった見方なのですが、それをおしても尚、サイトを運営する意味があるかというと、、詳しくはわかりません。たくさん売上を伸ばしているところもあるのでしょうし、アダルトでなくても、実際、会社を立ち上げるまでになった方、知っています。本で読みました。主婦でも出来る、と思い切り、そうなのだ、と感心しているのですが、こういうことって、バブルではありませんがブームというか波がありますよね。早く始めていれば、それだけ得する、というような流れ。だからと言って、早く立ち上げた方が、ただ早く立ち上げたという理由だけでうまくいっている、と言いたいのではありません。自分の考えとしては、えろにハズレなし、ですから、なんとなくうまく行く時は、なんとなくうまく行くのではないかと思います。もちろん、それなりの努力なのかなんなのかわかりませんが、少なくとも時間は必要でしょうが。

 このブログはカードをお持ちでない方だけが読んでくださると、嬉しいです。ネットで物を購入するにはカードが不可欠ですから、お持ちの方は、こまごましたこと忘れてください。そうでないと商売あがったりになってしまうので、早くえろ画像でも見て、忘れてください。

 もし、サイトへのご要望がありましたら、コメントに書き込んで下さると幸いです。出来不出来の評論はご勘弁を、、どのサイトを見ても、まだまだ圧倒されてしまう身です。技術、構成面に関しては目をつぶってやってください。それでは。
posted by med at 06:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カルテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9694029

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。